新学期の開始と健康観察について

4月からの新学期につきまして、猪名川町新型コロナウイルス感染症対策本部において検討した結果、下記のとおり開始することを決定しましたので、お知らせします。

 なお、今後の状況によって今回の決定を急きょ変更することもありますので、ご理解をお願いします。

 

 

 新学期については、町立幼稚園及び小・中学校は予定どおり開始します。

      小・中学校:4月7日(火)より

     幼 稚 園:4月10日(金)より

    ※幼児児童生徒及び教職員の健康管理を引き続き徹底します。

2 登校園前の健康観察及び欠席の取り扱いについて

春休みから、毎朝自宅で検温等の健康観察をし、各学校園から配布された「健康観察カード」に記録してください。お子様の健康状態が良好なことを確認した上で、「健康観察カード」を持たせて登校園させてください。

本人及びご家族に発熱等の風邪症状がある場合は、本人が登校園を希望しても、自宅で休養するようにご家庭でご指導ください。この場合は欠席扱いにはなりません。

また、次のような場合も欠席扱いにはなりません。

・ご家族や身近な方に感染者または感染者と濃厚接触した可能性がある方がいらっしゃることで登校園しない場合

・感染予防および感染拡大予防の観点から、お子様を登校園させない判断をした場合

3 着任式及び始業式・始園式について

   換気を良くして実施します。また、多くの子どもが密集することを避けるために、学校によっては、グラウンド や 校内放送を利用するなどの工夫をします。

4 入学式及び入園式について

 感染防止の対策をとったうえで、内容を簡素化し、参加者を制限して実施する方向で検討します。内容が決まり次第、町及び学校のホームページと学校配信メールによりお知らせします。

5 感染予防について

         (1)手洗い・手指消毒や咳エチケットの指導を徹底します。

         (2)多くの幼児児童生徒が手を触れる箇所は、適宜、清掃を行うなどして衛生環境を良好に保ちます。

         (3)集団感染の予防のためには、

    「1.気の悪い密閉空間、2.多くの人が密集すること、3.近距離での会話や発声」の3つの条件が同時に重なる場を徹底的に避けることが重要であることを踏まえ、学校園においては以下のような対応を行います。

           ア 換気の徹底

教室等のこまめな換気を実施します。授業や活動中は2方向の窓を同時に開けます。

           イ 近距離での会話や発声等の際のマスクの使用等

学校教育活動上、近距離での会話や発声等が必要な場合は、飛沫を飛ばさないよう、マスクを装着したり、ハンカチ等で口元をおおったりするよう指導します。

マスクを持たせてください。

 ※手作りマスクの作成方法については、子どもの学び応援サイト等に掲載されています。参考にしてください。

https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/mext_00460.html    

(4)給食の配膳を行う児童生徒及び教職員は、下痢、発熱、腹痛、嘔吐等の症状の有無、衛生的な服装(マスク、エプロン等)をしているか、手指は確実に洗浄したか等を必ず点検し、適切でないと認められる場合は給食当番を代えるなどの対応をとります。

   お子様が給食当番の際は、エプロン等を持たせてください。

 

6 臨時休業の判断について

幼児児童生徒やそのご家族、教職員の感染が判明した場合には、原則として臨時休業とします。なお、臨時休業の期間や範囲については、関係機関と十分相談の上で判断します。

7 未履修への対応について

臨時休校の影響で長期間授業ができなかったことにより、児童生徒たちが履修できなかった学習内容については、長期休業期間を短縮するなど、次年度に補充するよう対策を講じます。

 

 

 

更新日:2020年03月26日 17:34:44